2006年06月20日

おお・・・・神よ・・・・否!髪よ・・・

今から去ること数年前・・・・




忘れもしない7月14日・・・・いつものメンツと定例飲み会に行く前に髪を切りました・・・・




いや





普通のソフモヒだったんですが






初めてしたので





なんか新鮮♪





いつもよりテンション高く




いつもの居酒屋に到着!♪





いつもの居酒屋つっても近所ではありません・・・・





電車で40分くらいです・・・




俺だけ家が遠かったから仕方ないんですけどね(、、




んで到着したんですけど・・・・





30分ほど早くついちゃったので




一人フライングで飲んでみたり・・・




バイトの店員が後輩だったので30分ほど拉致して暇つぶし・・・





ハイ  ゴメンナサイ




皆軽く遅刻して定例飲み会スタートわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)






カヨ「おw髪バッサリきったんか〜〜〜^^」



ミッチェル「うん〜^^夏だしね〜^^」






愛子「短髪の方が良いじゃんw」




などと会話していたのですが・・・








この時豊さんが後輩の店員に話しかけてるのをスルーしてたのが







失敗だ・・・






他愛の会話をしていると







ジョリ・・・ジョリ






もきゅ?キョロ (∇ ̄ )(  ̄ ∇) キョロ







隣にいるのは













後輩から店のハサミを借りたであろう







豊さんがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)





ミッチェル「なに・・・・・してんすか・・・・?」







豊「いや長さが違う部分があったから切ってあげたのよ」







なんで・・・・・・・






顔色青いんですかね・・・・・?




右手にハサミ・・・・





左手に









無数の髪






酔っていたのであまり深く考えず





会話に戻ったところ





勉「なぁ・・・・」




ミッチェル「はい・・・・・」






カヨ「・・・・・・・」






愛子「・・・・・・・・」













勉「何かね?そのサイドの無様な髪は?」






ミッチェル「あん?」




ミッチェル「なぁ?」





勉「うん・・・・」





カヨ「うん・・・・」





ミッチェル「何?その捨てられた子犬を見るような哀れみを含んだ目は?」



愛子「いや・・・・・うん・・・・」





カヨ「説明しづらいね・・・・」






カヨ「ちょっと触ってみ?」




頭を触ってみると







何故か髪の感触がない部分が・・・・






いいよね?






キレても良いよね?







・・・・・・






ミッチェル「(#゚Д゚ゴルァ!!なんじゃ!こりゃあああああぁぁぁぁ!?」








豊「いやぁ・・・・・・ちょっと失敗してなぁ・・・・・」




ミッチェル「ば、馬鹿かテメエエ!?髪返せや!?」










豊「無理を言ってもらっては困るなW














  そんなに取り乱すと器小さく思われるぞW








いや。。。。。








許容範囲外でしょ?




帰ったら対策を練らねば・・・・・







帰って酔って寝て





起きて鏡を見て驚愕・・・・・






まさに・・・・








500円はげ・・・・





この時何かが俺に舞い降りました・・・・






ミッチェル「サイド刈り上げるか(’’」






ここまでは良かった






ミッチェル「今度はラインを入れてみよう・・・・・」









・・・・・





・・・・・・・






・・・・・・・・








何かが俺から去った後










俺は鏡を見て呆然としてます







なにこれ?






まるで








中学生ヤンキーやんけ



PA0_0028.JPG







タバコ吸いながら冷静になって見ましょう・・・・




なんでこんなことになってんだ?







ちょっと待とう。。。。






俺は何かを忘れている・・・・・・







はっ!( ̄□ ̄









今日









地元の奴らとキャンプやんけ!?





行ってみると





皆の顔が硬直・・・・




あつし「ねえ・・・・なにそれ?」





ゆうさく「もう21歳なんだからさぁ・・・・そろそろ落ち着こうよ・・・・」






ミッチェル「いや・・・・・世の中にはね・・・・




   考えられない不幸がいきなり降ってくることがあるのだよ。。。」






この時ハゲにする覚悟を決めました・・・・







ジョリジョリジョリ・・・・・





さようなら・・・・・・俺の髪の毛達・・・・






いや〜〜〜〜〜〜頭が軽い軽い!!わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)




PA0_0027.JPG





シャンプーで洗っても泡立ちません・・・・





ドライヤーを当てると頭皮がヤケドしそうです。。。。。







扇風機の風に当たると









頭だけ異様に寒いんです・・・・orz



この髪で甚平着てると・・・・誰も寄ってきてくれんとです・・・・・







この夏・・・・・





何一つエンジョイできませんでした・・・・・
posted by 酒の介(ミッチェル) at 14:47| Comment(7) | TrackBack(0) | 昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・
Posted by マナ at 2006年06月20日 20:32
(ノ゚ロ゚)ノ<呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪
Posted by 酒の介 at 2006年06月21日 01:55
(、、;
Posted by かなめ at 2006年06月21日 09:31
( ゚д゚ )
Posted by kaien at 2006年06月21日 10:06
(o゚◇゚)ノあぃ
Posted by 酒の介 at 2006年06月21日 11:11
(〃▽〃)☆
Posted by はる at 2006年06月22日 04:15
( ̄□ ̄ || 〒 ||
Posted by 酒の介 at 2006年06月22日 11:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19555524

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。