2007年03月18日

また春に会いましょう

この記事は管理人のただの愚痴です。
気分を害したくない人は見ないでください。


ついでに言うなら起承転結もないです。
勝手気ままにかいてます。


今日ボランティアのイベントだった。


よくY氏とかに



「よく人のためにできるよな。日当でないのに」


と言われる



別に子供のためにゲームとかイベント参加しているつもりもない。

元々バカするような性格ではない。



世間から褒められるためにするような性格でもない


入った理由もある意味計られた感じだし自ら入ったわけでもない。



「面白くなかったら辞めれば良いや。」くらいだった。



入って約1年後のキャンプで


子供の保護者達からまったく見に覚えのない苦情を反省会で言われた。


「おめーら黙らんと殺すぞ!」と俺が言ったと言われた。


保護者からも言われたが身内からも色々言われた。



もし叩かれる理由があるとすれば



俺が「ボランティアに似合わない奴」だったから



ふざけんなと。


リーゼントだとボランティアする資格ないんか!?と思った。



子供にそんなセリフ言った覚えなんぞない。

子供達を自分のような人間にしたくもない。


凄い悔しかった。



それから本気になった。



どんな格好だろうが出来るってのを認めさせたかった。


「自分が楽しいからする。そして奴らを認めさせる。」



数年前までそんな感じだった。




自分が自分の学区の会長時代



目の前のイベントの企画などに追われいつの間にか「自分が楽しんでるから」と言えなくなってた気がする。



でも団体内で恋愛して

「会いたいから行く。」

になってた。


それもアリと言えばアリなんだろう。



なら今は何で行ってるのだろう?



無理やりテンション上げて何してるのだろう?とふと思ってしまう。



夢中でしているときは楽しい。



けど



ふと我に返った時



あのガムシャラに頑張って


皆で地区の子ども会のクリスマス会を3つハシゴして皆で家でまったりしてた頃を思い出し



「今はあの頃ほど頑張っていないな。」と思い苛立つ。




会いたいから来て


踊り場でこっそりと手を握ってた頃を思い出し


ふと踊り場に行ってしまい悲しい気持ちになってしまう。




「やっぱボランティア向いてないんか」



と弱気になってしまう。





今年でボランティア入って丁度10年。







そろそろ潮時なのかもしれない。





と言いながらまた行ってそうな俺○| ̄|_

posted by 酒の介(ミッチェル) at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ダークな愚痴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36293694

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。